アイアンマンと対決する大型パワードスーツ。

【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン』
1/6スケールフィギュア アイアンモンガー

Movie Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Iron Man - Iron Monger

  • \48,000 (税込)
  • 2012年11月発売
  • 画像一括ダウンロード
    • Facebook
    • Twitter

製品紹介

ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズに、マーベル映画『アイアンマン』から、アイアンマンの宿敵、アイアンモンガーがラインナップ。陰謀を企むスターク社の最高幹部オバディア・ステインが操縦する姿まで楽しめるアイアンモンガーの全貌を1/6スケールの大迫力サイズで立体化だ!

巨大軍需企業スターク・インダストリーズの創立メンバーで、トニー・スターク社長の良き相談相手であるオバディア・ステイン。その正体は裏でテロリストを操り、トニーを暗殺し会社を乗っ取ろうと企てる黒幕だった。己の野望を遂げるため、マーク1の破片と設計図を元に巨大なパワードスーツ、アイアンモンガーを製造するのであった。

全高約44センチ、なんと60箇所が可動するフィギュアは、重量級のパワーを誇るアイアンモンガーを見事に立体化。ギミックやディテール、アーマーのメタリックな質感までも精巧に再現している。胸部アーマーは開閉自在。アーマーを開ければコックピットに搭乗するオバディア・ステインの姿が確認できる。ヘッドはもちろん、演じたジェフ・ブリッジスの肖像権をクリアしている。目や胸部アーク・リアクター、両手リパルサー光線発射部をはじめ、武器のロケットランチャーと回転式マシンガンにもLEDライトアップ機能を搭載。ライトアップ機能に対応したハンドパーツは指先まで可動する。両脚にジェット噴射装置を装着すれば、劇中の飛行シーンまで楽しめる。

1/6スケールの可能性を追求し続けるホットトイズが、自信を持ってお贈りする常識破りのビッグな逸品。『アイアンマン』コレクションには、外すことができないマストアイテムの登場だ!※フィギュアはアーマーから取り外せません。

製品スペック

メーカー ホットトイズ
シリーズ番号 MM#164
スケール 1/6スケール
サイズ 高さ約44センチ
重さ 約1.8kg(本体のみ)、約3.3kg(パッケージ込み)
可動ポイント 60箇所
パッケージ フリップトップ ウィンドウボックス
パッケージサイズ 約W39×H49×D17(センチ)
生産情報 初回限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
付属品(武器) マシンガン(右腕部)、ロケットランチャー(左腕部)、キャノン砲(左肩部)
付属品(アクセサリー) ジェット噴射装置(2セット)
スペシャル機能 ライトアップ機能
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4897011174211
制作スタッフ チーフ造形師:KOJUN
チーフペインター:JC・ホン

作品紹介

『アイアンマン』(2008年作品)

原作は、マーベル・コミックが刊行している、アメコミに登場する架空のヒーロー。2008年5月に全米で公開され、メガヒットとなった。監督・製作総指揮はジョン・ファブロー、そして、主人公のトニー・スタークこと『アイアンマン』を演じるのはロバート・ダウニーJR。

主人公のトニー・スタークは巨大軍事企業の社長であり、天才発明家であり、スーパーセレブのプレイボーイ。ある日、アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加した際、トニーはテロ組織に襲われ監禁されてしまう。襲撃の際に致命的な傷を負ってしまうが、同じく監禁されていた医師に人工心臓を移植され一命を取り留めた。監禁されながらも敵の目を欺き製作したパワードスーツにより奇跡的に生還を果たしたが、自らが社長を務めるスターク・インダストリーズが開発した兵器がテロに使用されている事実を知ったのだった。その償いをすべく彼は助かった命をテロの撲滅に捧げることを決断する。自らの手で開発し、アップグレードを重ねたパワードスーツを装着し『アイアンマン』としてテロに立ち向かうトニーの姿があった。

bd-dvd.sonypictures.jp/ironman/