究極のロボコップ、専用イス付属でバッチリ休息!

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『ロボコップ』
1/6スケールフィギュア ロボコップ [ドッキング・ステーション付き]

Movie Masterpiece Diecast- 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Robocop - Robocop [With Docking Station]

  • \44,000 (税込)
  • 2014年11月発売
  • 画像一括ダウンロード
  • ソーシャルブックマーク
    • yahoo
    • hatena
    • livedoor
    • delicious
    • sm-plus

製品紹介

ボディーに合金を使用することでメカニカルなキャラクターの再現に適した、「ムービー・マスターピース DIECAST」に第5弾がラインナップ。80年代を代表するSFアクション映画『ロボコップ』より、不運な宿命により誕生したサイボーグ、ロボコップが警察署に配備されたドッキング・ステーション付きで登場だ!

犯罪が多発するデトロイト警察に配属された警察官のマーフィ。早速、相棒となったルイスと共にパトロールに繰り出すも、街を牛耳る凶悪犯であるクラレンス一味に遭遇。隠れ家まで追跡・潜入するも、取り囲まれ惨殺されてしまう。しかしデトロイト警察を経営する民間の巨大企業オムニ社が、治安維持のために進めていたサイボーグ警官の製造計画に彼の遺体を利用。やがて「ロボコップ」となって復活、デトロイト警察に配属されるのだった。

全高30センチ、25箇所以上が可動するフィギュアは、オムニ社の最新技術で造りあげられたサイボーグ警官ロボコップの姿を、見事に立体化。「合金」を使用することで、メカニカルなキャラクターのさらなる忠実度を目指した本アイテムは、従来のムービー・マスターピース同様の可動域を有しながらも、本来のメカニカルな装甲が持つ質感や、劇中の足音さながらのズッシリと手応えを感じる重厚さを再現。シルバーのカラーリングが特徴的な金属装甲は、合金に映える光沢感あるメタリックな塗装が施されている。ヘッドには4種類の差し替え用フェイスパーツの差し替えが可能。口元の変化により豊かな表情を演出することができる。バトルダメージの差し替え用パーツを使用すれば、被弾したダメージ状態に換装可能だ。右太腿部は開閉が可能なので、付属する愛銃であるオート9の収納アクションを楽しめる。差し替え用ハンドパーツには、コンピューターへの接続端子でもある鋭利な爪が伸びた状態をはじめ3種が付属。台座はオムニ社のロゴがあしらわれた特別仕様となっている。さらに本アイテムには、印象に残る6種のセリフを発するトーキングギミックを搭載!付属するリモートコントロールで劇中同様の音声を楽しむことができる。また、デトロイト警察に配備された休息用の椅子、ドッキング・ステーションが付属。LEDライトアップ機能が内蔵されているこのアクセサリーは、惨殺時の記憶に苦悶する印象的なシーンなどを演出できるので、さらにディスプレーの幅を広げてくれるぞ。

「ムービー・マスターピース」シリーズ初期にラインナップし、再立体化が渇望されていたロボコップ。ホットトイズが最新技術と愛情を惜しみなく注ぎ、約7年越しにバージョンアップした本アイテムと、同時発表された「ED-209(トーキング版)」は、『ロボコップ』ファンならば見逃すことのできない究極の逸品だ!

※付属するドッキング・ステーションはダイキャスト製ではありません。
トーキング内容
  • 「Drop the gun, you are under arrest.」
    (字幕:銃を捨てろ、逮捕する)
  • 「Thank you for your cooperation. Goodnight.」
     (字幕:協力ありがとう、おやすみ)
  • 「Stay out of trouble!」
     (字幕:マジメにやれ)
  • 「Dead or alive, you are coming with me.」
     (字幕:殺してでも連行する)
  • 「Come quietly or there will be…trouble.」
     (字幕:抵抗するな、容赦しない)
  • 「Serve the public trust. Protect the innocent. Uphold the law.」
     (字幕:市民を守り、法を執行することだ)
  • 製品スペック

    メーカー ホットトイズ
    シリーズ番号 MM#203D05
    スケール 1/6スケール
    サイズ 高さ約30センチ
    可動ポイント 25箇所
    パッケージ フリップトップ クローズドボックス
    生産情報 限定生産
    流通方法 一般販売
    製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
    付属品(武器) オート9、オート9(ダイキャスト製)
    付属品(アクセサリー) 差し替え用フェイスパーツ(×3)、差し替え用バトルダメージパーツ(ヘルメット、胸部)、差し替え用ハンドパーツ(×3)、特製台座、音声リモートコントロール、ドッキング・ステーション
    スペシャル機能 トーキングギミック、ライトアップ機能(ドッキング・ステーションのみ)
    発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
    バーコード番号 4897011175188
    制作スタッフ 造形師:K.A.・キム
    チーフ造形師:KOJUN
    ペインター:リー・ウンヨン
    チーフペインター:JC・ホン

    作品紹介

    『ロボコップ』(1987年作品)

    殉職した警官がサイボーグとなって蘇り、犯罪組織に挑むSFバイオレンス・アクション映画。社会風刺を得意とするオランダ出身のポール・バーホーベン監督により、一般的な娯楽作品とは一味違った、作品全体に毒気を感じるSF作品に仕上がっている。全く新しいヒーロー像は、アメリカをはじめ全世界で受け入れられ、大ヒットを記録した。

    近未来のデトロイト。犯罪が多発するこの地域では、警察の経営が民間の巨大企業オムニ社に委ねられていた。同社は凶悪な犯罪を減少させるため、重装備の大型警察ロボットを開発。これは失敗に終わるも、サイボーグ警官「ロボコップ」の製造計画に着手する。そんなある日、デトロイトの警察に転任してきたばかりの警察官マーフィは、凶悪犯であるクラレンス一味の隠れ家を発見。潜入するも、取り囲まれ惨殺されてしまう。彼の遺体はオムニ社へ回収され、やがてロボコップとなって復活するのだった。