天才発明家、お手製武器でマンダリン襲撃。

【ムービー・マスターピース】 『アイアンマン3』
1/6スケールフィギュア トニー・スターク(マンダリン邸襲撃版)

Movie Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Iron Man 3 - Tony Stark (The Mechanic Version)

  • \22,000 (税込)
  • 2013年12月発売
  • 画像一括ダウンロード
  • ソーシャルブックマーク
    • yahoo
    • hatena
    • livedoor
    • delicious
    • sm-plus

製品紹介

ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズの、マーベルのアクション超大作映画『アイアンマン3』より、手作りで製作した武器がセットになった、トニー・スターク(マンダリン邸襲撃版)が登場だ!

「アイアンマン」であるトニー・スタークは、「アベンジャーズ」の戦い以降、何かに憑かれたかのように次々とパワードスーツを開発。もはやスーツがないと安心できない体になっていた。心身ともに極限まで追いつめられた彼は、正体不明のテロリスト・マンダリンの襲撃を受け、これまで彼を守ってきた世界から放り出されてしまう。残された武器は、天才的な発明の才能と、大切な者たちを守りたいという思いのみ。「自分自身」を取り戻したトニーは、マンダリン邸に攻め込むための武器類を手作りで製作。パワードスーツなしの、ひとりの人間として戦いに挑むのだった。

全高約30センチ、30箇所以上が可動するフィギュアは、マンダリンの邸宅に突入した際のトニー・スタークの姿を見事に立体化している。ヘッドは、演じるロバート・ダウニーJr.の肖像権をクリア。生々しい傷口を含む、皮膚の質感や皺、髪形等を再現するため、一つひとつがハンドペイントで塗装が施されている。素体胸部のアーク・リアクターにはLEDによるライトアップ機能を搭載。パーカーやデニムパンツなどの衣服は、ジッパーなども違和感なく再現され、質感に至るまで精巧な仕上がりだ。劇中同様に装着させることができる、遠距離から飛来してきたパワードスーツの右腕部、左脚部パーツがアクセサリーとして付属。また、遠隔でアイアンマン・マーク42を操作する際の、ホログラムエフェクトを再現したヘッドセットが付属するのも嬉しいポイントだ。ホームセンターで揃えたありあわせの製品で急造した武器の数々も、すべて精密に造り込まれている。さらに、武器類を入れておくバックパック、サングラス、新聞記事やペンチなど、劇中に登場した小物類や、差し替え用ハンドパーツも充実の内容となっているので、劇中の様々なシーンを演出することができるぞ。

失ったすべてを取り戻すべく、生身で戦いに挑んだトニー・スタークの決意を感じ取れる本アイテムは、ぜひコレクションに加えたい逸品だ。まだまだ続くホットトイズ『アイアンマン3』シリーズから目が離せない!

※本製品は、ボーナスアクセサリー版もリリースします。

製品スペック

メーカー ホットトイズ
シリーズ番号 MM#209
スケール 1/6スケール
サイズ 高さ約30センチ
重さ 約0.47g(本体のみ)、約1.14kg(パッケージ込み)
可動ポイント 30箇所
電池 ボタン電池使用
パッケージ フリップトップ クローズドボックス
パッケージサイズ 約W23×H36.5×D12(センチ)
生産情報 初回限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
付属品(武器) 機関銃、ネイルガン、スタンガン、電流グローブ、紐付分銅、クリスマスボール
付属品(アクセサリー) パワードスーツ装着用パーツ(右腕部、ハンドパーツ、左脚部)、ホログラム付きヘッドセット、バックパック、サングラス、新聞記事、ペンチ、限定モノの腕時計、注射器セット、差し替え用ハンドパーツ(×4)
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4897011175348
制作スタッフ 造形師:チャ・テジン/イム・チュンヒョク(ボディー)
チーフ造形師:KOJUN
チーフペインター:JC・ホン

作品紹介

『アイアンマン3』(2013年作品)

マーベルコミックの代表作である『アイアンマン』を実写映画化した、人気アクション超大作のシリーズ第3弾。キャストは、前2作と『アベンジャーズ』に引き続き、ロバート・ダウニーJr.、グウィネス・パルトロウらに加え、ベン・キングズレー、ガイ・ピアースなど実力派俳優が参戦。新たに開発された様々なアイアンマンのパワード・スーツにも注目だ。

ヒーローの時代は、終わった──人類滅亡の危機をかろうじて回避したアベンジャーズの戦いが、すべてを変えてしまったのだ。合衆国政府は、未曾有の危機に際してヒーローという"個人"の力に頼ることを危惧。そして、トニー自身はまだ見ぬ敵の影におびえ、何かに憑かれたかのように新型アイアンマンスーツを次々に開発していた。心身ともに極限まで追いつめられた彼は、正体不明の敵の襲撃を受け、これまで彼を守ってきた世界から放り出される。残された武器は、天才的な発明の才能と、大切な者たちを守りたいという思いのみ。トニー・スターク=アイアンマンの最後の戦いが、いま始まろうとしていた…。

http://www.marvel-japan.com/movies/ironman3/