あの日、誰もが憧れたタイムマシン・・・ 1/6スケールのデロリアンが現代へ!!

【ムービー・マスターピース】 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
1/6スケールビークル デロリアン・タイムマシン

Movie Masterpiece - 1/6 Scale Vehicle: Back to the Future - DeLorean Time Machine

  • ¥72,000 (税込)
  • 2016年2月発売
  • 画像一括ダウンロード
  • ソーシャルブックマーク
    • yahoo
    • hatena
    • livedoor
    • delicious
    • sm-plus

製品紹介

ホットトイズの「ムービー・マスターピース」シリーズに、公開から四半世紀が過ぎた現在もなお、世界中で愛され続けている名作SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がラインナップ。デロリアン・タイムマシンが満を持しての登場だ!

エメット・ブラウンことドクが「DMC-12」をベースに発明・製作した車型タイムマシン、通称「デロリアン」。1955年11月5日、ドクがトイレで滑って転び、頭を洗面台にぶつけて思いついた「次元転移装置」によって、タイムトラベルが実現可能となった。時間を超えるためには1.21ジゴワットの電流が必要で、それを得るためにプルトニウムを燃料としている。プルトニウムを調達するためドクが騙したリビアの過激派の襲撃に遭い、マーティ・マクフライはデロリアンに乗って逃走するが、次元転移装置のスイッチを入れたことで1985年から1955年へとタイムスリップしてしまうのだった。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場し、誰もが憧れたデロリアンを、全長約72センチ、幅35センチ、全高約21センチという大迫力の1/6スケールで立体化!シンプルながらも存在感のある外装は、鈍く輝くボンネットや社名ロゴ、設定通りに開閉が可能なガルウイング、また、後部に取り付けられた原子炉や配線など、ディテールを余すことなく精巧に再現。ヘッドライトなど、計14箇所にLEDによるライトアップギミックを内蔵している。発明したドク曰く「タイムマシンにとって好都合であるステンレスのボディー」は、削り出しのような独特の金属感を再現すべく、業界トップクラスの技術で塗装が施されている。ダッシュボード中央に配置された「目標の時間」「現在の時間」「出発の時間」が記されたタイムサーキット、運転席と助手席の間に設けられたタイムサーキットの電源、さまざまな場所に取り付けられたスイッチ類、1955年のドクが用意した目覚まし時計、そして後部座席の中央部に備えられた次元転移装置などの内装は、細部まで精密に仕上げられており、内蔵されたLEDライトアップ機能によって、劇中同様のエフェクトを楽しむことができるぞ!もちろん別売りの「ムービー・マスターピース」マーティ・マクフライを乗車させることが可能だ!

2015年に記念すべき公開30周年を迎える『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。本作を愛してやまないホットトイズのスタッフが総力をあげて完成させた本アイテムは、タイムトラベルをしてでも絶対に手に入れたい逸品だ!今後もホットトイズの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズから目が離せないぞ!

製品スペック

メーカー ホットトイズ
シリーズ番号 MM#260
スケール 1/6スケール
サイズ 全長約72センチ・幅約35センチ・高さ約21センチ
電池 単3電池使用(別売)
パッケージ クローズドボックス
生産情報 限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
スペシャル機能 ライトアップ機能
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4897011176178

作品紹介

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年~)

監督・脚本にロバート・ゼメキス、製作総指揮にスティーブン・スピルバーグが名を連ね、大ヒットを記録した、過去・現在・未来を駆け巡る、SFアドベンチャー映画。主人公マーティをマイケル・J・フォックス、タイムマシンを開発したエメット・ブラウン博士をクリストファー・ロイドが演じ、全三部作が製作・公開された。公開から四半世紀が過ぎた現在もなお、愛され続けている作品だ。なお、パート1、2ではアカデミー賞を受賞している。

親友の科学者ドクことエメット・ブラウン博士の発明したタイムマシンで、1985年から1955年にタイムスリップしてしまった高校生のマーティ・マクフライ。彼はそこで自分の両親になるはずのロレインとジョージに出会う。だが、内気なジョージがロレインに接近するはずだった機会を、マーティが出現したことにより失くしてしまう。さらに、ロレインがマーティに恋をしてしまうことで、マーティが生活していた未来に、大きな変化が生じてしまうのだった。