サイドショウの1/6スケールに『マーベル・コミック』が誕生! おしゃべりな傭兵、リアルワールドに殴り込み!!

『マーベル・コミック』 1/6スケールフィギュア
【サイドショウ・シックス・スケール】#001 デッドプール

Marvel Comics - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Sideshow Sixth Scale #001 - Deadpool

  • ¥29,800 (税込)
  • 2015年10月発売
  • 画像一括ダウンロード
  • ソーシャルブックマーク
    • yahoo
    • hatena
    • livedoor
    • delicious
    • sm-plus

製品紹介

「キング・オブ・ハイエンド」の老舗メーカー、サイドショウの1/6スケールフィギュアから『マーベル・コミック』シリーズがスタート!記念すべき第1弾として、マーベル・コミックで屈指の人気を誇るキャラクター、デッドプールがラインナップ!

デッドプール、本名ウェイド・ウィルソンは、真っ赤なコスチュームが特徴の、金次第で悪にも正義にもなる傭兵だ。圧倒的な戦闘能力に加え、ウルヴァリンと同じ驚異的な回復能力「ヒーリングファクター」を持っている。しかし肺ガンを患っていた彼は、能力を移植した際、ガン細胞の暴走によって全身が醜く変貌してしまい、精神に異常をきたしている。デッドプールの人気を決定付けているのが、フィクションと現実との境界である「第四の壁」の突破。彼は自分がコミックのキャラクターだと認識しているため、平気で読者に話しかけ、作者や編集部への不満をぶちまけている。

全高約30センチ、30箇所以上が可動するフィギュアは、おしゃべりな不死身の傭兵、デッドプールの姿を見事に立体化!ヘッドパーツは2種類が付属し、1つ目は通常の表情、2つ目はマスクの下で相手を挑発するような表情がうかがえる造形となっている。特徴的な赤いコスチュームは、ミリタリー感溢れる仕様で再現。全身に装備した弾帯や自身のロゴがあしらわれたベルト、肩当てや膝当て、ブーツなど、細部までこだわりを感じる精巧な仕上がりとなっている。また、トレードマークである2本の刀、両太腿のホルスターに収めることができる2丁の銃、アサルトライフル、ナイフ、手榴弾などの武器が多数付属。豊富なハンドパーツを使用すれば、さまざまなシチュエーションを演出することが可能だ。さらにデッドプールならではのアクセサリーとして、「黄色のふきだし」と「白色のふきだし」が付属!多重人格で冗舌な彼らしく、台詞が飛び出たディスプレーができるのは嬉しいポイントだ。

現在大ブレイクを起こしているデッドプールの、集大成ともいえる本アイテム。ホットトイズが自信を持ってお薦めする、サイドショウの『マーベル・コミック』シリーズは、すべてのマーベルファンにお贈りしたい逸品だ!

製品スペック

メーカー サイドショウ
シリーズ番号 MV 1/6 #001
スケール 1/6スケール
サイズ 高さ約30センチ
可動ポイント 30箇所
パッケージ フリップトップ ウィンドウボックス
生産情報 限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
付属品(武器) 銃(×2)、刀(×2)、アサルトライフル、手榴弾(×2)、ナイフ
付属品(アクセサリー) 黄色のふきだし、白色のふきだし、差し替え用ハンドパーツ(×10)
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4589974700612
制作スタッフ David Igo (Design)
Walter O'Neal (Design)
Tim Niver (Sculpt)
Mat Brouillard (Sculpt)
Andy Bergholtz (Sculpt)
Bernardo Esquivel (Paint)
Esther Skandunas (Costume)
Kevin Ellis (Costume, Development)
Jesse Lincoln (Development)
Matt Bischof (Development)
Sideshow Collectibles Design and Development Team

作品紹介

マーベル・コミック

ニューヨークに本社をおくアメリカの出版社、マーベル社が発刊しているアメコミ『マーベル・コミック』。『スパイダーマン』『アイアンマン』『ウルヴァリン』など、世界的に知名度・人気共に非常に高い作品を多く有しており、映画化されている作品も多くある。70年以上にもわたるマーベル社の歴史の中で、歴代コミックに登場したキャラクターたちは8,000以上。本国アメリカにおけるスーパーヒーロー像を一新させたマーベルヒーローたちは、近年の日本においても『スパイダーマン』や『アイアンマン』『X-MEN』などの映画の大ヒットにより、その認知度が確かなものとなった。

http://marvel.com/