映画史上に残る名悪役。 ホットトイズのダース・ベイダー、ついに誕生。

【ムービー・マスターピース】 『スター・ウォーズ エピソード4/ 新たなる希望』
1/6スケールフィギュア ダース・ベイダー

Movie Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Star Wars / Episode IV A New Hope - Darth Vader

  • ¥39,000 (税込)
  • 2015年11月発売
  • 画像一括ダウンロード
  • ソーシャルブックマーク
    • yahoo
    • hatena
    • livedoor
    • delicious
    • sm-plus

製品紹介

ホットトイズ「ムービー・マスターピース」シリーズの、SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』に待望のキャラクターがラインナップ!『エピソード4/新たなる希望』より、帝国軍の恐るべき強制実行者であるダース・ベイダーが、ついに登場だ!

ダース・ベイダーは、パルパティーン皇帝のシスの弟子であり、銀河の誰もがその名を聞いただけで震えあがる帝国軍の司令官である。特殊な生命維持装置が無いと生きていけない体だが、フォースのダークサイドに精通したその実力は侮りがたく、恐ろしく手強い危険人物だ。反乱軍が奪った宇宙要塞デス・スターの設計図を探し、レイア姫の宇宙船を捕縛。設計図がドロイドによって持ち出されたことに気付いた彼は、惑星タトゥイーンまで捜索の範囲を広げるのだった。

全高約35センチ、30箇所以上が可動するフィギュアは、黒き帝国の象徴、ダース・ベイダーの姿を見事に立体化。ダース・ベイダー最大の特徴といえる生命維持装置でもある黒い装甲服は、相手を威圧する独特な形状のマスクとヘルメット、胸元に備えられた制御機能パネル、たなびくアウター・クロークやインナーの黒いスーツなど、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧に再現。実際の装甲が持つ質感を表現するために、業界トップクラスの技術による塗装が施されている。ベルトのシステム機能ディスプレー部には、劇中同様に発光するLEDライトアップ機能を搭載。武器として、細めな光刃を再現したLEDライトアップ機能搭載のライトセーバーが付属!腰に付けておけるOFFモードも付いているので、様々なシチュエーションを楽しむことができる。豊富に付属する差し替え用ハンドパーツを使用すれば、ダース・ベイダーが魅せた印象的なシーンを演出することができるぞ。また、頑なに反乱軍の秘密基地の場所を言わないレイア姫に対し使用された、尋問ドロイドが付属するのは嬉しいポイント。さらに、あの不気味な呼吸音を発するトーキングギミックを搭載しているので、よりダース・ベイダーの魅力を堪能することができるぞ!

精巧に再現された造形の秀逸さはもちろん、音声ギミックを搭載することで、さらなる所有欲を満たしてくれる本アイテムは、数あるダース・ベイダー関連製品の中でも、まさに「決定版」といえる完成度を誇っている。ホットトイズがプライドと愛情を込めてお贈りする1/6スケール『スター・ウォーズ』シリーズ。今後のラインナップからも目が離せないぞ!

製品スペック

メーカー ホットトイズ
シリーズ番号 MM#279
スケール 1/6スケール
サイズ 高さ約35センチ
可動ポイント 30箇所
電池 電池使用
パッケージ フリップトップ クローズドボックス
生産情報 限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
付属品(武器) ライトセーバー(ONモード/ライトアップ機能付き)、ライトセーバー(OFFモード)
付属品(アクセサリー) 尋問ドロイド、差し替え用ハンドパーツ(×7)、特製台座
スペシャル機能 ライトアップ機能、トーキングギミック
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4897011176383
制作スタッフ ペインター:ロック・ホー
チーフペインター:JC・ホン

作品紹介

『スター・ウォーズ』(1977年〜)

遠い昔、遥かな銀河系で繰り広げられる帝国と反乱軍の戦いを描いた、スペースオペラの代表作。監督はジョージ・ルーカス。全6部で構成され、『エピソード4/新たなる希望』(1977年)を皮切りに、『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、『エピソード6/ジェダイの復讐』(1983年)」と続き、4・5・6エピソードにあたるこれらの作品は旧三部作と呼ばれる。

1999年には『エピソード1/ファントムメナス』、2002年には『エピソード2/クローンの攻撃』、2005年に『エピソード3/シスの復讐』が新三部作として続いた。また、2008年にはCGアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』が『エピソード2』と『エピソード3』の間のエピソードとして公開された。

全シリーズ7作合わせて約42億ドルの興行収入を記録し、その後のSF作品に多大な影響を残した。

映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が2015年12月18日に全世界同時公開。監督にJ.J.エイブラムスを迎え、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。

www.starwars.com