パワードスーツの原点を1/4スケールでアップデート。 究極のアイアンマン・マーク3。

【クオーター・スケール】 『アイアンマン』
1/4スケールフィギュア アイアンマン・マーク3

Quarter Scale - 1/4 Scale Fully Poseable Figure: Iron Man - Mark 3

  • ¥78,000 (税込)
  • 2019年7月発売予定
  • 画像一括ダウンロード
    • Facebook
    • Twitter

製品紹介

ホットトイズの1/4スケール可動式フィギュア「クオーター・スケール」シリーズに、超大作アクション映画『アイアンマン』がラインナップ!トニー・スタークが装着するパワードスーツ、アイアンマン・マーク3が、大迫力の全高約49センチ、1/4スケールのハイクオリティーなフィギュアとなって登場だ!

巨大軍需企業スターク・インダストリーズ社のCEOにして、天才的な発明家トニー・スターク。テロ組織に拉致監禁されたトニーは、ありものの材料で初代パワードスーツ・マーク1を完成させ、命からがら脱出に成功。会社に戻るや、経営の主軸である武器製造を中止すると宣言する。その後、自宅のガレージに籠り、アイアンマンのパワードスーツ開発に傾注。シルバーカラーのマーク2を経て、ホットロッド風なレッドとゴールドに輝くマーク3が誕生するのだった。

『アイアンマン』に登場するアイアンマン・マーク3を、大迫力の全高約49センチ、40箇所以上が可動する、ハイエンドな1/4スケールのフィギュアとして立体化!ヘッドは2種が付属。1つ目は、ライトアップ機能対応のヘルメット。2つ目は、新たなペイントが施された、演じるロバート・ダウニーJr.の肖像権をクリアしたトニー・スタークの顔がのぞくヘルメットとなっている。レッドとゴールドのカラーリングが特徴的な、上半身がマッシブな形状のアーマーは、光沢感あるメタリックな塗装とともに、細かな汚れや傷などのウェザリング塗装が施されており、メカニカルな装甲の質感を再現している。ボディー背面のエアーフラップ、脇部の装甲プレート、脚部のエアーブレーキは開閉が可能。両腿付け根にあたる腰部装甲は、上に開くことで脚部のさらなる可動域を確保。1/4スケールだからこそ綿密に造り込むことができた、味わい深い仕上がりとなっている。胸部と両上腕部の装甲は取り外しができ、内部のメカニカルな造形を堪能することが可能。さらに胸部、肩部の装甲は、バトルダメージ版差し替え用パーツを使用することで、劇中のさまざまなダメージ状態を演出することができるぞ。前腕部のシールドとロケットミサイル、肩部に内蔵された多連装式銃、腰部のフレアランチャーは、装甲内に格納されており展開することが可能だ。眼部、胸部のアーク・リアクター、両手のリパルサー光線発射部は白く発光するLEDライトアップギミックを搭載。さらに肩部、脇部、背面上部、両前腕部、脚部の装甲内には青く発光するLEDライトアップギミックを搭載している。指関節まで可動するリパルサー光線ライトアップ対応の差し替え用ハンドパーツを使用すれば、臨場感溢れるバトルシーンを数多く楽しめるぞ。

ホットトイズがさらなる進化を遂げるべく、1/6スケールで培ってきた技術と経験を駆使し、さらなるディテールの追求が可能な1/4スケールで、ついに立体化となった本アイテム。すべてのマーベルファン、そしてアイアンマンファンのシンボルとなるべきこの「究極」のアイアンマン・マーク3は、フィギュア史上に永遠に刻まれる伝説となるだろう!

※本製品は、ボーナスアクセサリー付きもリリースします。

製品スペック

メーカー ホットトイズ
シリーズ番号 QS#011
スケール 1/4スケール
サイズ 高さ約49センチ
可動ポイント 40箇所
電池 ボタン電池使用
パッケージ クローズドボックス
生産情報 初回限定生産
流通方法 一般販売
製品種別 ハイエンド1/4スケール可動式フィギュア
付属品(アクセサリー) 差し替え用ヘルメット(トニー・スターク)、バトルダメージ版差し替え用パーツ(胸部アーマー、肩部アーマー×2)、差し替え用ハンドパーツ(×4)
スペシャル機能 ライトアップ機能
発売元・販売元 株式会社ホットトイズジャパン
バーコード番号 4897011185880
制作スタッフ Head Sculpted by Kojun
Head Painted by JC. Hong & E-Lee
Head Art Directed by JC. Hong
Armor Painted by Lok Ho

作品紹介

『アイアンマン』(2008年作品)

原作は、マーベル・コミックが刊行している、アメコミに登場する架空のヒーロー。2008年5月に全米で公開され、メガヒットとなった。監督・製作総指揮はジョン・ファブロー、そして、主人公のトニー・スタークこと『アイアンマン』を演じるのはロバート・ダウニーJR。

主人公のトニー・スタークは巨大軍事企業の社長であり、天才発明家であり、スーパーセレブのプレイボーイ。ある日、アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加した際、トニーはテロ組織に襲われ監禁されてしまう。襲撃の際に致命的な傷を負ってしまうが、同じく監禁されていた医師に人工心臓を移植され一命を取り留めた。監禁されながらも敵の目を欺き製作したパワードスーツにより奇跡的に生還を果たしたが、自らが社長を務めるスターク・インダストリーズが開発した兵器がテロに使用されている事実を知ったのだった。その償いをすべく彼は助かった命をテロの撲滅に捧げることを決断する。自らの手で開発し、アップグレードを重ねたパワードスーツを装着し『アイアンマン』としてテロに立ち向かうトニーの姿があった。

bd-dvd.sonypictures.jp/ironman/